新型コロナ 市民限定の格安観光パスポート 市内の9施設何度でも 北九州市、新たな魅力発見を /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
7日発売した市民限定の周遊パスポートとスタンプラリー冊子
7日発売した市民限定の周遊パスポートとスタンプラリー冊子

 北九州市は7日、市民限定で格安の観光パスポートを販売する「北九州の魅力再発見キャンペーン」を始めた。2021年3月14日までの期間中、周遊パスポート(大人400円、高校生以下200円、未就学児無料)を提示すれば、小倉城(小倉北区)など市内九つの観光施設を何度でも利用できる。【浅野翔太郎】

 新型コロナウイルス禍で身近な観光地を巡る「マイクロツーリズム」が注目される中、市民に浸透させることで経済活性化にもつなげたい考えだ。

 キャンペーン期間中は、市観光PR大使の人気キャラクター「ハローキティ」のスタンプラリーも実施。全9施設のスタンプを集めると、飲食店や市内の施設で使える500円分のクーポン券がもらえる。また、施設周辺の飲食店などでパスポートやスタンプラリーの冊子を提示すれば、さまざまなサービスを受けられる。

この記事は有料記事です。

残り374文字(全文732文字)

あわせて読みたい

注目の特集