メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発言

富士山の魅力傷つけぬよう=渡辺豊博・都留文科大学特任教授

 今年は、富士スバルラインが建設された1964年4月以来、56年ぶりに富士山は静かな夏を過ごしたと思う。コロナの感染防止対策による「閉山」が原因だ。例年は2カ月間に約25万人もの登山者が訪れ、にぎやかで活気ある時期となるが、一方で、環境被害や登山事故の多発化を含め、富士山も心休まらない日々が続く時期でもある。

 本来の富士山は、昔から「霊山」として、多くの日本人から信仰され、登山者は、1合目から「古道」を徒歩で登った。ゴミを捨てたり、し尿を垂れ流したりして汚すことなど、神への冒とくとされ厳しく罰せられ、富士山が傷つかないように常に心配りがなされた。

この記事は有料記事です。

残り979文字(全文1255文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  2. 北関東の豚盗難に関与か、ベトナム人宅を家宅捜索 2人を入管法違反容疑で逮捕

  3. 無罪なのに「なぜ免許を返してもらえないの」 取り消し無効確認訴訟で女性が訴え

  4. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

  5. 過失運転致傷の会社員に無罪判決 「衝突回避は非常に困難」 福岡地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです