メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

毎日新聞キャンペーン報道「にほんでいきる」に新聞協会賞

就学不明になっている外国籍の子どもの存在を浮き彫りにするなどした「にほんでいきる」の掲載紙面=手塚耕一郎撮影

 2020年度の新聞協会賞(編集部門)を、毎日新聞東京本社の「『にほんでいきる』 外国籍の子どもたちの学ぶ権利を問うキャンペーン報道」が受賞した。19年4月に改正入管難民法が施行され、同年末の在留外国人数は過去最多の293万人に達した。実質的な「移民社会」にかじを切った日本で、義務教育の対象外とされる外国籍の子どもたち。「真の共生社会実現」に向け、見過ごされてきたハードルに焦点を当てたキャンペーンの背景と、経過を報告する。

この記事は有料記事です。

残り5740文字(全文5953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県知事が検査入院 1週間程度、COPDの疑い

  2. 坂本龍一さん、直腸がん公表 手術終え治療中 公式サイトで明らかに

  3. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  4. 河井案里被告に有罪判決、一部無罪 参院選の大規模買収事件 東京地裁

  5. 「短命首相リスト入り?」 菅政権の支持率急落 海外メディアは…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです