メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

肺線維症改善に新技術 間葉系幹細胞活用 マウス実験 順天堂大など

 <ピックアップ>

 新型コロナウイルス感染症などに伴い、肺細胞に過剰な炎症が起こり、組織が厚く硬くなる「線維化」に対し、間葉系幹細胞を投与することで、進行を抑えることをマウスの実験で確認したと、順天堂大などのチームが発表した。間質性肺炎などを経て線維化が起こると、酸素を取り込めなくなるが、治療が困難な病気だ。チームは「マウスでは症状の改善が見られており、肺線維症患者の新治療法の開発につながる成果だ」と説明する。

 間葉系幹細胞は、特定の細胞になる能力を持つ体性幹細胞の一種で、骨髄液や脂肪組織などから採取できる。また免疫の状態に関係することも知られている。

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです