連載

クローズアップ

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

クローズアップ

ノーベル化学賞に米仏2氏 ゲノム編集に革新技術

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 スウェーデン王立科学アカデミーは7日、2020年のノーベル化学賞を、生物の遺伝子を効率よく改変できる技術「ゲノム編集」を開発したドイツ・マックスプランク感染生物学研究所のエマニュエル・シャルパンティエ所長(51)=フランス国籍=と米カリフォルニア大バークリー校のジェニファー・ダウドナ教授(56)に授与すると発表した。使い勝手がよく農業や医学など幅広い分野に普及している「クリスパー・キャス9」という手法を考案、実用化につながったことが評価された。【三股智子、信田真由美、荒木涼子、吉川雄策】

 ゲノム編集は、人工酵素を使い、遺伝子の特定の部位を切断して機能を失わせたり、外来の遺伝子を組み入れ新たな機能を持たせたりする技術。ウイルスなどを用いて偶然性に頼ってきた従来の遺伝子組み換えより高い精度で改変できる。

この記事は有料記事です。

残り2655文字(全文3010文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集