加藤氏の論点ずらし、今度は「チャーハン論法」 上西・法政大教授が批判 任命問題巡り

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する加藤勝信官房長官=首相官邸で2020年10月7日午前11時17分、竹内幹撮影
記者会見する加藤勝信官房長官=首相官邸で2020年10月7日午前11時17分、竹内幹撮影

 閣僚や官僚が国会質疑などで論点をずらした答弁をすることを「ご飯論法」と名付けた法政大の上西充子教授は8日、自身のツイッターアカウントで、日本学術会議の会員候補6人が推薦通りに任命されなかった問題を巡る加藤勝信官房長官の説明を「チャーハン作り」に例えて批判した。

 上西氏は「『エビチャーハンを作っていたのを玉子チャーハンに変えましたよね』という質問に、『同じシェフが作っており、その点においてなんら変わりはない』と言っているようなもの」と記した…

この記事は有料記事です。

残り334文字(全文556文字)

あわせて読みたい

注目の特集