メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プーチン氏、米民主党と「共通の価値観」 支持率リードのバイデン氏に秋波?

ロシアのプーチン大統領=スプートニク通信・AP

 プーチン露大統領は68歳の誕生日を迎えた7日、国営放送とのインタビューで、米大統領選に出馬するバイデン前副大統領が所属する民主党について「共通の価値観がある」と評価した。プーチン政権はロシアに厳しい姿勢を示すバイデン氏を警戒し、トランプ大統領の再選を望んでいるとみられてきたが、支持率でリードするバイデン氏にも秋波を送った可能性がある。

 プーチン氏は国営放送のリポーターからバイデン氏がプーチン氏を批判する言動を続けていることについて質問を受け、「厳しい反露レトリックに我々は慣れている」と述べ、米民主党が「社会民主主義の価値観に近い」と指摘。自身がソ連時代に共産党員だったことにも触れ、「平等や友愛といった左派の価値観を気に入っている」として、民主党との共通点を強調した。

この記事は有料記事です。

残り292文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです