特集

2020米大統領選

2020年11月に行われた米大統領選。共和党のトランプ大統領と民主党のバイデン氏が争い、バイデン氏が勝利した。

特集一覧

米副大統領候補が討論 コロナ対策で応酬「危険性を隠蔽」「国民の健康最重視」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 11月3日の米大統領選に向けた共和、民主両党の副大統領候補によるテレビ討論会が7日、西部ユタ州ソルトレークシティーで行われた。ドナルド・トランプ大統領(74)が新型コロナウイルスに感染し、論戦でも感染対策や政権の危機管理が焦点となった。

 壇上の共和党のマイク・ペンス副大統領(61)と民主党のカマラ・ハリス上院議員(55)の間には、感染対策のため2枚のアクリル板が設置された。

 ハリス氏は、トランプ政権の新型コロナ対策について「1月28日時点ですでに(危険性について)知っていたが隠蔽(いんぺい)した。深刻さを矮小(わいしょう)化した」と指摘。「いまだに対応策を持ち合わせていない」と批判した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文491文字)

【2020米大統領選】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集