メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「コロナ対策」「オバマケア」…明確な回答避ける場面も 米副大統領候補討論会

米副大統領候補討論会で質問に答える共和党のペンス副大統領=米西部ユタ州ソルトレークシティーで2020年10月7日、AP

 11月3日の米大統領選に向けた共和党のマイク・ペンス副大統領(61)と民主党のカマラ・ハリス上院議員(55)の両副大統領候補によるテレビ討論会が7日、西部ユタ州のソルトレークシティーで行われた。ドナルド・トランプ大統領(74)の新型コロナウイルス感染発覚後の討論会となり、コロナ対応や経済対策を巡って応酬が展開された。だが、両者とも課題とされるテーマについては回答を避ける場面が多く、有権者の関心に十分応えたとは言えない内容に終わった。

 会場はユタ大学の講堂で、候補者や陣営スタッフに加え、聴衆や報道関係者など全員に事前のPCR検査が義務づけられた。両候補者の間隔は当初予定の7フィート(約2・1メートル)から12フィートに拡大され、飛沫(ひまつ)感染対策のため2枚のアクリル板も設置された。

 討論会は司会者が提示した質問に対し、双方が回答する形で行われた。トランプ政権のコロナ対策を巡り、ハリス氏は「1月28日時点ですでに(危険性について)知っていたが隠蔽(いんぺい)した。深刻…

この記事は有料記事です。

残り989文字(全文1430文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです