特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

岩手大と商店街がタッグ、1000円で2000円分のチケット 学生はパンフで魅力発信へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
チケットを使って商店街で食事をする岩手大学の学生=盛岡市上田1で
チケットを使って商店街で食事をする岩手大学の学生=盛岡市上田1で

 岩手大(盛岡市)と地元の上田商店街がタッグを組み、新型コロナ禍を乗り切ろうという試みが始まった。6日から、学生が1000円で購入し、商店街など大学周辺の36店舗で2000円分として利用できるチケットを販売。今後は、学生が商店街の魅力を発信するパンフレットの作製も予定している。【三瓶杜萌】

 岩手大から徒歩数分の上田商店街にはコロナ流行前、多くの学生が足を運んでいた。しかし、大学がオンライン授業になり、学生客が激減。学生も、アルバイト先の休業や勤務時間短縮で、経済的に不安を抱えるケースが目立ち始めていた。

 そんな中、地域経済を支援する市の補助金を知った岩手大が学生と商店街に呼び掛け、連携が決まった。500円分4枚つづりのチケット1000冊を発行し、差額の100万円はこの補助金を利用する。岩手大は、学生のまちづくりサークル「NPCN」に、チケットのデザインや対象店舗の選定のほか、各店を取材して学生の視点で魅力を発信するパンフレットの作製も依頼した。大学は、学生のバイト代やパンフ印刷費などとして、50…

この記事は有料記事です。

残り229文字(全文683文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集