メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「ぐんまちゃん家」や県民会館などの廃止検討 群馬県が中間報告

群馬県庁

 群馬県有施設の統廃合を検討する県は7日、県議会行財政改革特別委員会で、外部有識者による現地調査などを踏まえた中間報告を示した。対象10施設のうち、県民会館(前橋市)や県立妙義青少年自然の家(富岡市)、県ライフル射撃場(榛東村)など過半数で廃止を含めた検討が進められている。県は県議会での議論や施設の立地自治体との協議などを経て、2021年2月に最終報告を公表する。

 廃止を検討する方向性が示されたのはほかに、緑化センターと付属見本園(邑楽町)、県憩の森と森林学習センター(渋川市)。いずれも老朽化が進み、他施設での代替も可能として、多額の改修費用をかける必要性は低いと判断された。また、ぐんまフラワーパーク(前橋市)も民間への移管を検討する。

この記事は有料記事です。

残り241文字(全文563文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです