メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クワズイモで8人が食中毒 「芋がら」と誤認 宮崎の直売所

走行する救急車=曽根田和久撮影

[PR]

 宮崎県は7日、綾町南俣の直売所「綾手づくりほんものセンター」で、サトイモの「芋がら」と誤認して販売された有毒観葉植物・クワズイモを食べた5家族の男女8人(47~84歳)が喉の痛みや口内のしびれなど食中毒症状を呈したと発表した。全員快方に向かっているという。

 出荷者は町内の「手作り工房 かなえ」で9月26、27日に計11袋を販売。5家族は1袋ずつ購入し、みそ汁や煮物にして食べたという。残り6袋の販売先が不明で、県は「心当たりのある人は保健所に連絡を」と呼びかけている。【杣谷健太】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです