北海道・神恵内村議会、核のごみ最終処分場の文献調査応募請願を採択

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北海道神恵内村で開かれた臨時議会。文献調査への応募を求める請願を採択した=同村で2020年10月8日午前9時48分、代表撮影
北海道神恵内村で開かれた臨時議会。文献調査への応募を求める請願を採択した=同村で2020年10月8日午前9時48分、代表撮影

 高レベル放射性廃棄物(核のごみ)最終処分場の建設立地を巡り、北海道神恵内(かもえない)村議会は8日、臨時議会を開き、地元商工会が提出した文献調査への応募検討を求める請願を採択した。高橋昌幸村長は「議会の意向を尊重する」としており、応募が確実となった。高橋村長は同日予定している記者会見で、応募を表明する見通し。

 調査に応募すれば、2007年の高知県東洋町(応募後に撤回)以来2例目。17年に国が建設適地を示した「科学的特性マップ」の公表後初となる。

この記事は有料記事です。

残り181文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集