メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今、皇室に思うこと

陛下はテレビやオンラインでお姿を見せ「希望のお言葉を」 コラムニスト・辛酸なめ子さん

コラムニストの辛酸なめ子さん=東京都千代田区で2020年3月8日、竹内紀臣撮影

即位儀式が終わっていて良かった

 今思えば、天皇陛下の即位の儀式を昨年執り行うことができたのは、すごいタイミングだった。現在の新型コロナウイルス禍では、各国の王族らを招いた華やかな饗宴(きょうえん)の儀はもちろん、大勢の人が沿道に集い、祝福ムードにあふれた即位のパレードも絶対できなかっただろう。厳粛な大嘗祭(だいじょうさい)もどうなっていただろうか。本当に幸運だったと感じている。

 天皇、皇后両陛下はさまざまな専門家から社会で起きているコロナ禍の影響について何度も説明を受けられている。感染拡大が懸念される状況では、被災地などに赴き、国民を直接励ますことなどもできない中、悩みながら国民のことを思って行動しているように感じる。

 疫病と皇室と…

この記事は有料記事です。

残り1872文字(全文2192文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです