メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

給食のブドウで4歳児が窒息死 子どもの誤飲事故はなぜ繰り返されるのか

大粒のブドウを乳幼児に食べさせる場合は4分割しないと窒息するおそれがある=、林奈緒美撮影

 4歳の男児が大粒のブドウを喉に詰まらせて死亡する事故が9月に起きた。ブドウだけでなくミニトマトやサクランボなど窒息につながりやすい食材は多く、国はブドウを含めた危険な食品の一覧を公表していたが、今回も防ぐことはできなかった。こうした事故はなぜ繰り返されるのか。

ブドウを粒のまま提供

 事故は9月7日、東京都八王子市の私立幼稚園で起きた。警視庁高尾署や園によると、4歳の男児が給食で提供された大粒のブドウ(ピオーネ)を食べたところ、急に立ち上がり、苦しそうな様子を見せた。教諭らが男児の背中をたたいてブドウを吐き出させようとしたが出てこず、意識不明のまま搬送。病院で死亡が確認された。

 皮がむかれた状態の直径約3センチのブドウ1粒が喉に詰まっていた。園では1、2歳の児童にはカットした状態のブドウを提供していたが、3歳以上には粒のまま出していたという。

 似た…

この記事は有料記事です。

残り3767文字(全文4145文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです