メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

反対から一転、都構想賛成の公明 維新と自民の「いいとこどり」難しく

公明党大阪府本部の新春年賀会で乾杯する吉村洋文知事(右端)と山口那津男公明党代表(右から2人目)=大阪市中央区で2020年1月15日午前11時47分、津久井達撮影

 反対から賛成へ。大阪都構想についての姿勢を一変させた公明党。前回住民投票に至る過程で「孫、子の代まで禍根が残る」と大阪市議会で制度の中身を痛烈に批判していたが、議員の言動はがらりと変わった。

 関西プレスクラブが6日に主催し、主要政党が参加した討論会で、公明党大阪府本部の土岐恭生幹事長(大阪市議)は「スケジュールありきとか、(制度案の)中身が詰まっていないとか問題があって反対したが、私たちの四つの提案が全て盛り込まれ、前回の協定書からがらっと変わっている」と方針転換の理由を説明した。2019年4月の統一地方選まで一緒に反対してきた自民党市議に対しては語気を強め、「対案を出したらどうか」と迫る場面もあった。

 公明は9月以降、党の地区の役員や支持母体・創価学会の会員らに対し、賛成に転じた理由を市議が説明する集会を重ねてきた。集会用の約10分の動画では、府議団の肥後洋一朗幹事長が「大阪の都市制度改革には当初から賛成でした」と語りかける。自民や共産党と共に反対していたかつての面影は見られない。

この記事は有料記事です。

残り890文字(全文1339文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ GoTo 東京発着 高齢者らに自粛要請 都知事、首相と合意

  2. ドイツで歩行者区域に車 通行人2人死亡 運転の51歳を逮捕

  3. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  4. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  5. コロナで変わる世界 第1部 くらしの風景(その2止) 埋もれる乳がん 欧米、隠れた「第3波」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです