特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナで試練のスキー場、ゴンドラの「密」解消やリフト券半額支援も 長野

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
斜面を滑走するスノーボード。スキー場事業者は「ゲレンデでは密にはなりにくい」と来場を呼びかけている=白馬観光開発提供
斜面を滑走するスノーボード。スキー場事業者は「ゲレンデでは密にはなりにくい」と来場を呼びかけている=白馬観光開発提供

 もうすぐ、ウインタースポーツのシーズンが到来する。ただ、その人気にかつてほどの勢いはなく、国内有数のスキー場を擁する長野県でも利用客の減少傾向が続く。しかも今年は、新型コロナウイルスという厄介な問題までのしかかる。「今年は厳しくなる」。視界不良の中、スキー場事業者や自治体は今シーズンをどう乗り切るのか。

 長野県の白馬エリア(大町市、白馬村、小谷村)で「白馬岩岳スノーフィールド」「白馬八方尾根スキー場」「栂池高原スキー場」を運営する白馬観光開発は9月、今シーズンの営業方針を公表した。

この記事は有料記事です。

残り976文字(全文1220文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集