メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ペイペイのポイント、不正に現金化 容疑の家族3人逮捕 2000万円詐取か

警視庁=米田堅持撮影

[PR]

 オークションサイト「ヤフオク!」で取引を自作自演し、スマートフォンの決済サービス「PayPay(ペイペイ)」のポイントを不正に現金化したとして、警視庁サイバー犯罪対策課は8日、埼玉県草加市松原の会社経営、小田富士男容疑者(49)ら3人を電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕したと発表した。同課は3人が約2000万円をだまし取ったとみて調べている。

 逮捕容疑は内縁の妻の田中晴美(53)と長男の田中昇吾(26)の両容疑者とともに2019年6~7月、計801回にわたって実際には持っていないトレーディングカードを「ヤフオク!」に出品し、ペイペイのポイントを使って自ら落札。落札価格の約38万円をヤフオク側から容疑者らの口座に送金させたとしている。いずれも容疑を認めている。

 同課によると、3人はペイペイの新規アカウント登録者に1回500ポイント(500円分)付与される特典を悪用。小田容疑者は、スマホアプリ登録時に携帯電話のショートメッセージサービス(SMS)で行われる本人確認を代行する事業を行っており、保有している4万件の携帯電話番号を使ってペイペイの新規アカウントを取得していた。取得手続きを自動化するプログラムも使っていたという。

 同課によると、「ヤフオク!」ではペイペイのポイントなど電子マネーでの支払いが可能だが、落札すれば現金で受け取れる仕組みになっている。

 だまし取った金は高級車「レクサス」の購入や住宅購入の準備に充てていたとみられる。【斎藤文太郎】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. 83年国会答弁、内閣府「維持か答えるの困難」強弁 野党ヒアリング詳報

  3. バックアップ、5年「OFF」 富士通のマニュアルに誤り 東証システム障害

  4. FX投資詐欺の疑い7人逮捕 700人から計2億円超だまし取ったか 大阪

  5. 「政府が記録残すのは当然」新書版で削除 菅首相の著書「政治家の覚悟」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです