みとり加算の要件緩和も 21年春の介護報酬改定 厚労省検討

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 2021年4月の介護報酬改定を巡り、厚生労働省は、有料老人ホームなど特定施設に入所する要介護者への介護サービスの「みとり介護加算」について、基準を緩和する検討に入った。9日の社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の分科会で提示する。

 昨年度の厚労省の研究によると、全国の有料老人ホームのうち、半年間でみとり実績のあったのは6割を超えたが、みとり介護加算を算定した施設は3割に満たなかった。一方、みとりを…

この記事は有料記事です。

残り302文字(全文502文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集