メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発の2号機建屋に汚染ちり浮遊 規制委、初の立ち入り調査

原子力規制委員会による現地調査がされた東京電力福島第1原発2号機の原子炉建屋=8日

 原子力規制委員会は8日、東京電力福島第1原発2号機の原子炉建屋を現地調査した。水素爆発を免れた2号機は建屋内の放射線量が高く、地上5階まである建屋の上部に人が立ち入っての調査は初めて。事故から9年半が過ぎた現在も、放射性物質に汚染されたちりが建屋内に舞っているとみられることが分かった。

 規制委によると、5階に設置された原子炉格納容器のふたの内側に多量の放射性物質が付着し、高線量の原因となっているとみられる。全面マスクと防護服に身を包んだ更田(ふけた)豊志委員長ら調査チームがエレベーターで5階まで上がった後、各階で壁に付着…

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文661文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 コロナ緊急事態・飲食店名公表策 市民扇動、制裁を奨励するのか

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです