連載

focus プロ野球

あのヒーローはどんな選手? あのプレーの意味は? プロ野球のホットな話題を幅広く取り上げます。

連載一覧

focus プロ野球

苦節7年、海外武者修行糧に130試合目でプロ初勝利 DeNA・平田

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
プロ初勝利を挙げ、ラミレス監督(左)と握手するDeNA・平田=東京ドームで
プロ初勝利を挙げ、ラミレス監督(左)と握手するDeNA・平田=東京ドームで

 初めて受けたというヒーローインタビュー。DeNAの7年目・平田真吾投手(31)の目は少し潤んでいた。2年ぶりに先発した7日の巨人戦(東京ドーム)で5回を被安打3、7奪三振で2失点に抑え、悲願のプロ初勝利を挙げた。「こんなに遅くなるとは思わなかった」。もがき続けてきた右腕は、海外での武者修行を経て登板130試合目でつかんだ白星に照れ笑いを浮かべた。

 この日のDeNAは先発投手が登板せず、救援陣だけでつなぐ「ブルペンデー」。平田は2018年4月11日以来2度目の先発を託された。立ち上がりは制球が乱れ、2連続四球と安打で一死も取れぬままあっさり1点を失ったが、下半身を使うことを意識して修正。7人が並んだ左打者の内角を突く直球やカットボールに、決め球のフォークを織り交ぜて立ち直った。五回の攻撃では「負けている状態でリリーフ陣に渡すのは申し訳ない」…

この記事は有料記事です。

残り1119文字(全文1494文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集