メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東急渋谷駅周辺の地下に造られた雨水貯留施設=東京都渋谷区で8月19日

雨水貯留施設の整備が進む 渋谷区地下でも稼働 集中豪雨の内水氾濫を防ぐ

 気候の温暖化などで想定外の水害が頻発している中で、雨水をため込む地下の貯水施設の整備が全国で進んでいる。都市の再開発が進む東京都渋谷区では、東急渋谷駅周辺の地下に約4000トンの雨水をためられ、豪雨時に内水氾濫を防ぐ雨水貯留施設が稼働を始めた。全国の自治体でも浸水被害を防ぐ同じような施設の整備が進んでいる。

 渋谷駅に整備された雨水貯留施設は、駅東口広場の地下25㍍に造られた東西22メートル、南北45メートル、高さ最大12メートルの巨大空間で、貯水能力の約4000トンは小学校の25メートルプール13杯分に相当する。1時間に50ミリ以上の雨が降った際に、周辺の下水管から集めた雨水を一時的にためるという。

この記事は有料記事です。

残り2275文字(全文2614文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです