メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

コロナウイルス模したケーキが人気、プラハのカフェ

プラハ中心部にカフェで新型コロナウイルスの形を模したデザートが人気を呼んでいる。6日撮影。(2020年 ロイター/David W Cerny)

[PR]

 [プラハ 7日 ロイター] - プラハ中心部にカフェで新型コロナウイルスの形を模したデザートが人気を呼んでいる。

 カフェ「ブラック・マドンナ」は、通常なら来店客で賑わっていたはずだが、新型コロナ感染拡大で観光客が激減した。

 春のロックダウン(封鎖)期間中に発想を得たとデザート開発者。「ネットでウイルスの写真を見て、デザートの作り方を考えた。突起や色の作り方を編み出して準備した」と述べた。

 デザートはテニスボールより少し小さいサイズ。チョコレートのコーティングにホワイトチョコレートとドライラズベリーでウイルスの突起を表現。中にはピスタチオやラズベリーのピューレ、中心にラズベリーが入っている。

 1日に100個以上が売れる人気ぶりで、販売は伸びているという。

 カフェのマネジャーは、「コロナ禍はこのケーキを導入する好機となった。すべてが失われたわけではないことを表す象徴だ」と述べた。

 新型コロナ用ワクチンをテーマにした次のデザートも視野に入れていると開発者。「ライムをふんだんに使い、少しアルコールを利かせたものになる」という。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  3. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  4. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

  5. 「余命2年」 30歳ライフガードの男性が生前葬を開くことにした理由

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです