メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ オンライン面接、事業所見学 障害者就職、後押し ハローワーク会津若松 /福島

企業面接を模して喜多方と南会津のハローワークをつないで話す臼井志穂さん(右)=福島県会津若松市のハローワーク会津若松で2020年10月2日、三浦研吾撮影

 会津若松市のハローワーク会津若松は、新型コロナウイルスの感染防止を図りながら障害者と企業をつなごうと「障害者リモートマッチングコーナー」を県内で初めて設置した。オンラインで面接や事業所見学を実施し、障害者雇用に結びつける。【三浦研吾】

 会津若松、喜多方、南会津の3カ所のハローワークに設置し、期間は1日から10月末まで。

 ハローワーク会津若松では10月を障害者雇用促進強化月間とし、毎年、障害者就職面接会を開催していたが、今年は新型コロナの影響で中止となり、その代替案として入省2年目でハローワーク会津若松職員の臼井志穂さんが発案した。利用には事前申し込みが必要だが、障害者は3カ所のハローワークで専用タブレット端末を使い、ウェブ会議システム「Zoom」で企業との面接やオンラインでの事業所見学などが可能になる。一方、企…

この記事は有料記事です。

残り439文字(全文800文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです