特集

広島・長崎原爆

1945年8月、広島・長崎へ原爆が投下されました。体験者が高齢化するなか、継承が課題になっています。

特集一覧

被爆者ら、核兵器廃絶祈る 県原爆死没者慰霊式典 /千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
献花する被爆者や遺族ら=千葉市中央区の県文化会館で2020年10月8日午後1時14分、宮本翔平撮影
献花する被爆者や遺族ら=千葉市中央区の県文化会館で2020年10月8日午後1時14分、宮本翔平撮影

 第42回県原爆死没者慰霊式典が8日、千葉市中央区の県文化会館で開かれた。被爆者や遺族ら約60人が黙とうをささげ、核兵器の廃絶を祈った。

 県内の被爆者らでつくる県原爆被爆者友愛会などが主催。今回は新型コロナウイルスの影響で例年より規模を縮小して開催した。同区の亥鼻公園内にある原爆犠牲者慰霊碑には県内の亡くなった被爆者を記す合…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文409文字)

【広島・長崎原爆】

時系列で見る

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集