メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

職員17.6%「体験ある」 ハラスメント調査 芦屋市 /兵庫

 芦屋市幹部が暴言などのパワハラで停職処分となった問題で、市は全職員を対象にした職場でのハラスメントの実態調査結果を8日の市議会総務委員会で明らかにした。調査によると、回答した職員のうちハラスメント体験のある職員が17・6%に上っていた。伊藤舞市長は「一日も早く安心して働ける職場作りをしたい」と答弁した。

 産休など休暇取得中の職員や特別職などを除く全職員1620人を対象に初めて7月に実施。回答数は926件で回答率は57・2%。調査によると、2018年度以降に職場でのハラスメントを体験したと答えた職員は163人(男性56人、女性89人、無回答18人)。一方「したことがある」と答えた職員は19人だった。

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文503文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです