メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県展 洋画、彫塑の入賞決まる /和歌山

作品を審査する審査員たち=和歌山市小松原通1の和歌山県民文化会館で、新宮達撮影

 第74回県美術展覧会(県展=県主催、県教委、県立近代美術館、県美術家協会、毎日新聞和歌山支局、県文化振興財団、橋本市、新宮市、上富田町共催)は8日、和歌山市小松原通1の県民文化会館で2日目の作品審査があった。洋画(代表審査員=越智裕二郎・西宮市大谷記念美術館長)と彫塑(同=山本淳夫・横尾忠則現代美術館学芸課長)の審査があり、洋画は入賞16点と入選44点、彫塑は入賞3点…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文465文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  2. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  3. 注目裁判・話題の会見 名前すら聞かれなかった女子高生 座間9人殺害・11月2日公判詳報

  4. アート作品? 米ユタ州の砂漠で謎の金属柱発見 臆測が飛び交う

  5. 注目裁判・話題の会見 「保健室の先生に…」夢絶たれた女子高生 座間9人殺害10月28、29日公判詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです