新型コロナ 高機能マスク開発 医療用に県内など3企業 知事に1万枚を寄贈 智頭 /鳥取

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
マスクの生産工場を視察する平井伸治知事(左から2人目)=智頭町で2020年10月7日午後4時25分、野原寛史撮影
マスクの生産工場を視察する平井伸治知事(左から2人目)=智頭町で2020年10月7日午後4時25分、野原寛史撮影

 新型コロナウイルス禍の中、検査や治療に取り組む医療現場で不足が続く高機能マスクを、智頭町などの3企業が新たに開発した。医療用の「N95マスク」を上回る性能といい、7日には平井伸治知事が同町の工場を視察した。

 高機能マスク「JAPAN99」を開発したのは、トミサワ(智頭町)▽マスクミュージアム(鳥取…

この記事は有料記事です。

残り208文字(全文358文字)

あわせて読みたい

注目の特集