メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新型コロナ 一般財源48億円減 北九州市、来年度予算見通し /福岡

 北九州市は、2021年度の予算編成方針を公表した。新型コロナウイルスの影響で、市税収入は20年度比92億円減の見込み。国が地方交付税で後年穴埋めする臨時財政対策債の増額(50億円増)などを考慮しても、一般財源は同48億円減の2936億円となる見通しだ。

 北橋健治市長は8日の定例記者会見で「(配分を…

この記事は有料記事です。

残り212文字(全文362文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ワクチン期待、東証大幅反発

  2. 英金融情報大手、米S&Pが買収 今年最大、4.6兆円

  3. 「朝、農場に入るのが怖い」 宮崎でまた鳥インフル 鹿児島でも関係者ら緊張高まる

  4. 野球殿堂候補 新たに山本昌、谷繁元信両氏ら11人 水島新司氏は辞退

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです