メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

「副大統領なんてお飾り。大統領が死ぬのを待つだけの仕事よ」…

[PR]

 「副大統領なんてお飾り。大統領が死ぬのを待つだけの仕事よ」。これは米ブッシュ(子)政権のチェイニー副大統領をモデルにしたブラックコメディー映画「バイス」(A・マッケイ監督)の中のセリフだ▲先の言葉に反し、クリスチャン・ベール演じる副大統領は政権の黒幕となって9・11からイラク戦争へ米国を引っ張っていく。題名の「バイス(Vice)」は名詞で邪悪、前置詞で代理を意味し、バイスプレジデントが副大統領である▲映画の副大統領は法をねじ曲げ、大統領の無能に乗じ政権を支配する。副大統領が歴史に足跡を残すのは、大統領に何かあった時だけとも限らぬらしい。ともあれ高齢候補同士の今大統領選で、かつてなく注目される副大統領候補だ▲トランプ大統領のコロナ感染という大波乱の中で迎えた共和党のペンス副大統領と民主党のハリス上院議員のテレビ討論である。「史上最低」の評も出たトランプ、バイデン両氏の第1回討論の罵倒(ばとう)の応酬を受けての討論でもあった▲主要政党初の黒人女性候補となった55歳のハリス氏は、勝てば史上最高齢大統領の「バイス」となる。この日の討論で白人至上主義を非難せぬトランプ氏を指弾する一方、当選後の万一の際の権限継承をめぐる質問には答えなかった▲討論中のネットの最大の盛り上がりは、ペンス氏の頭の上にハエが数分間止まり続けた一幕だったとか。つまりは派手な“場外乱闘”なしの、比較的まともな討論が行われたのを喜ぶべきなのかもしれない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです