連載

なるほドリ

ニュースの背景や素朴な疑問を「なるほドリ」が質問。担当記者がQ&Aでわかりやすく答えます。

連載一覧

なるほドリ

米最高裁人事、なぜ国民の関心高いの? 判断が社会に深く影響 保守派傾向強まる流れ=回答・石山絵歩

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 米国のトランプ大統領が連邦最高裁(れんぽうさいこうさい)の次期判事(はんじ)候補を発表したね。判事はどうやって決まるの?

 記者 最高裁判事は9人で構成され、まず大統領が指名します。そして上院の承認(しょうにん)を経て就任(しゅうにん)する仕組みです。日本の最高裁判事は70歳の定年制ですが、連邦最高裁は終身(しゅうしん)制で、本人が辞任、もしくは亡くなった場合に新たな判事が補充されます。今回は、ギンズバーグ判事の死去に伴い、保守派のバレット連邦控訴裁(高裁)判事(48)が後任に指名されました。

この記事は有料記事です。

残り442文字(全文697文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集