メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

9月街角景気5.4ポイント上昇 5カ月連続で改善 内閣府調査

 内閣府が8日発表した9月の景気ウオッチャー調査は、街角の景気実感を示す現状判断指数(季節調整値)が前月比5・4ポイント上昇の49・3となり、5カ月連続で改善した。指数は2018年4月以来の高さとなった。新型コロナウイルスの感染状況がある程度落ち着いていることを踏まえ、飲食や住宅、サービス関連などが大きく伸びた。

 基調判断は「新型コロナ感染症の影響による厳しさは残るものの、持ち直している」と3カ月ぶりに上方修正した。8月は「持ち直しの動きがみられる」だった。指数は3カ月前と比較しての現状を示しており、各地から寄せられた声では、政府の観光支援事業「Go Toトラベル」などによる需要増を歓迎するものが目立った。

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 四国銀行vs初陣ハナマウイ 第5日第2試合スタメン 午後2時から 都市対抗野球

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. 注目の裁判・話題の会見 社会に出て半年、「これから」だった25歳女性 座間9人殺害 11月10、11日公判詳報

  4. 白石被告、自白の理由は「部屋に証拠が残り観念」 座間9人殺害公判 被告人質問

  5. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです