メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

森田創さん=次世代移動サービスMaaSを推進

東急の森田創・MaaS戦略担当課長=丸山博撮影

森田創(もりた・そう)さん(46)

 「日本初の観光型MaaS(マース)」を推進する東急で、担当課長を務めている。その苦闘ぶりを記した「MaaS戦記」(講談社)を出版した。サラリーマン奮戦記であり、未来の街、地方と国のあり方を考えさせる一冊だ。

 「Mobility as a Service(モビリティー・アズ・ア・サービス)」の頭文字を組み合わせた造語。ITを活用し、ほぼすべての交通手段を切れ目なくつなぐ。北欧のフィンランドが先進的に始めた。

 2018年3月まで3年半、広報課長を務めた。次に東急グループの潜在力を生かす部署の責任者になることで会社も了解していたが、マースという全く違う事業を始める新設プロジェクトチームのリーダーを任された。マースの知識はゼロ。不本意な異動で、すぐには「本気になれなかった」。

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文696文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 前回4強すべて初戦敗退 ヤマハ投手陣、日立製作所封じる 都市対抗野球

  2. ピンクマスクでいじめNO 名張高生が学校祭で配布し呼びかけ 三重

  3. トランプ氏「ホワイトハウスを去る」 バイデン氏の当選確定したら 負けは認めず

  4. 「5000円でもできる」強弁 桜を見る会迷走、はぐらかしの菅氏答弁を振り返る

  5. 東京都内で570人の感染確認 過去最多を更新 重症者1人増え61人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです