メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞 グリュック氏文学賞 米詩人 個を普遍的に表現

ルイーズ・グリュック氏=ゲッティ共同

 スウェーデン・アカデミーは8日、2020年のノーベル文学賞を、米国の女性詩人ルイーズ・グリュック氏(77)に授与すると発表した。「個の存在を普遍的な存在に作り上げる厳粛な美しさを伴った例を見ない詩的な声」を授賞理由だとしている。

 女性の受賞は18年のオルガ・トカルチュク氏(ポーランド、昨年発表)以来で、通算16人目。米国人では16年のシンガー・ソングライター、ボブ・ディラン氏以来。同アカデミーはグリュック氏は授賞決定を聞き「驚いた。幸…

この記事は有料記事です。

残り331文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  2. 「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」 秋篠宮さま会見全文

  3. 「親としては尊重。結婚を認める」 秋篠宮さま、眞子さまの思い表明に

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 無人駅、東京でも1割 障害者に支障 国、指針策定へ 国交省調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです