メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

ロイヤルホームセンター 中山正明社長 プロ向け注力、生き残る

ロイヤルホームセンターの中山正明社長=大阪市西区で、菱田諭士撮影

 <週刊金曜経済 Kin-yo Keizai>

 コロナ禍で日曜大工用品や調理用品などの販売が好調なホームセンター業界で再編の動きが加速している。少子化で人口減が進む中、市場が伸び悩んでいることが背景にある。その中で中堅の企業はどう生き残ろうとしているのか。大和ハウス工業傘下で、関東や関西を中心に58店舗を展開するロイヤルホームセンター(大阪市)の中山正明社長(61)に聞いた。【聞き手・宇都宮裕一、写真・菱田諭士】

 --新型コロナウイルスの感染拡大で、売れ筋に変化が起きたそうですね。

 ◆自宅で長く過ごす生活に合った商品の需要が高まりました。テレワークの環境を整えるための机や椅子、小型スピーカーや卓上LED照明などの販売が伸び、リフォーム需要が高まりました。犬や猫などのペットや関連商品を新たに買い求める人も増えました。ホットプレートなどの調理用品や、木材や壁紙、タイル、塗料などの日曜大工用品、ガーデニング用品など幅広い商品の売上高が大きく伸びました。2021年3月期の売上高は前…

この記事は有料記事です。

残り1963文字(全文2406文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. トルコ沖でM7・0の地震 4人死亡

  3. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  4. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  5. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです