中国の60億円植林事業 一度も実施せず放置 政府関係者明かす

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本政府関係者は9日、政府が2015年度に約60億円を拠出した中国国内などでの植林・植樹事業が一度も実施されなかったと明らかにした。中国も負担する予定だったが、具体的な負担方法などで折り合わず、事業が放置されたという。

 事業は中国から飛来する黄砂対策や交流などを目的に、中国国内と東南アジアなどで日…

この記事は有料記事です。

残り145文字(全文295文字)

あわせて読みたい

注目の特集