メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学術会議のあり方「行革の観点から河野氏が取り上げること」 菅首相インタビュー要旨

毎日新聞社などのインタビューに答える菅義偉首相=首相官邸で2020年10月9日午後4時38分、竹内幹撮影

 菅義偉首相は9日、毎日新聞などのインタビューに応じた。主な発言は以下の通り。

 <学術会議人事>

 ――日本学術会議が推薦した会員候補6人を首相が任命しなかった問題について、会員の推薦制度や学術会議のあり方を見直す考えはあるか。

 ◆学術会議は政府の機関で、年間10億円の予算を使って活動している。会員は公務員の立場だ。2001年の省庁再編の際、長期的・総合的・国際的観点からの提言が求められ、俯瞰(ふかん)的な視点を持って社会的な課題に向き合うことができる人材が望ましい。これを機会に学術会議のあり方がよい方向に進むなら歓迎したい。

 ――安倍晋三前首相から(会員任命の)引き継ぎはあったのか。

この記事は有料記事です。

残り864文字(全文1159文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです