「13世帯を少数派として切り捨てないで」 口頭弁論で住民 石木ダム工事差し止め控訴審

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
石木ダム建設予定地=長崎県川棚町で2019年11月5日午後2時33分、本社ヘリから田鍋公也撮影
石木ダム建設予定地=長崎県川棚町で2019年11月5日午後2時33分、本社ヘリから田鍋公也撮影

 長崎県川棚町に建設が計画されている石木ダムの工事を巡り、水没予定地の住民らが建設主体の県と佐世保市を相手取り工事差し止めを求めた控訴審の第1回口頭弁論が8日、福岡高裁(矢尾渉裁判長)であった。住民の岩下すみ子さん(71)が意見陳述し「この場所に仲間とともに暮らし続けたい」と訴えた。

 県と市側は答弁書を提出し、いずれも控訴棄却を求めた。

 石木ダムは同市の水不足解消と治水を目的に建設が計画され、2013年には土地収用法に基づく国の事業認定を受けた。用地の強制収用が可能となったが、13世帯が住み続けている。住民側は「利水や治水両面でダムの必要性はなく、不要な事業で故郷を奪われるのは人格権の侵害だ」などと主張している。

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文507文字)

あわせて読みたい

注目の特集