メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「HPVワクチンの正確な情報を1人でも多くの方に」 医師らが団体設立、CFで支援呼びかけ

「みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」に賛同した、人気漫画「コウノドリ」の鈴ノ木ユウさんが「みんパピ!」ホームページの扉絵を描き下ろした

 子宮頸(けい)がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に関する情報発信を行っている一般社団法人「HPVについての情報を広く発信する会」(東京都千代田区、代表理事=稲葉可奈子医師)は、「みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」(通称「みんパピ!」)を設立し、活動資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。スタートした8月31日に目標額400万円を超え、9日午前0時現在で約1973万円が集まっている。副代表で米ボストン在住の医師・木下喬弘さん(35)は「性別や年代に関係なく、HPVに関する正確な情報を1人でも多くの方に知ってほしい」とさらなる支援を呼びかけている。

 「子宮頸がんワクチン」とも呼ばれる「HPVワクチン」は国内で2013年4月に定期接種化されたが、副反応とみられる症状が報告され、同年6月に積極的勧奨が中止された。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文760文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. バイデン氏、低所得者支援で大統領令 「国民の窮状見過ごせない」

  4. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  5. 条約で核兵器なくせるか 「米国の顔色うかがうだけでは核なくせない」 田中真紀子氏が見た日本外交の誤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです