「HPVワクチンの正確な情報を1人でも多くの方に」 医師らが団体設立、CFで支援呼びかけ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」に賛同した、人気漫画「コウノドリ」の鈴ノ木ユウさんが「みんパピ!」ホームページの扉絵を描き下ろした
「みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」に賛同した、人気漫画「コウノドリ」の鈴ノ木ユウさんが「みんパピ!」ホームページの扉絵を描き下ろした

 子宮頸(けい)がんの原因となるHPV(ヒトパピローマウイルス)に関する情報発信を行っている一般社団法人「HPVについての情報を広く発信する会」(東京都千代田区、代表理事=稲葉可奈子医師)は、「みんパピ!みんなで知ろうHPVプロジェクト」(通称「みんパピ!」)を設立し、活動資金を募るクラウドファンディング(CF)を始めた。スタートした8月31日に目標額400万円を超え、9日午前0時現在で約1973万円が集まっている。副代表で米ボストン在住の医師・木下喬弘さん(35)は「性別や年代に関係なく、HPVに関する正確な情報を1人でも多くの方に知ってほしい」とさらなる支援を呼びかけている。

 「子宮頸がんワクチン」とも呼ばれる「HPVワクチン」は国内で2013年4月に定期接種化されたが、副反応とみられる症状が報告され、同年6月に積極的勧奨が中止された。

この記事は有料記事です。

残り385文字(全文760文字)

あわせて読みたい

注目の特集