メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

非正規の待遇格差 退職金やボーナス、最高裁どう判断 5訴訟が13、15日判決

最高裁判所=東京都千代田区隼町で、本橋和夫撮影

 非正規雇用の契約社員らが正社員との待遇格差の是正を会社側に求めた5件の訴訟の上告審判決が13日と15日、最高裁で言い渡される。最高裁は過去に皆勤手当など各種手当の不支給を不合理と認めており、今回の判決では、退職金やボーナスの支給、夏季・冬季休暇の付与などについて新たな判断が示される見通し。働き方改革関連法に明記された「同一労働同一賃金」の具体的な在り方に影響を与えるとみられる。

 5件の訴訟の争点は、正社員と、同じ仕事をしている非正規社員との待遇格差が、労働契約法20条で禁じられた「不合理な格差」に当たるかどうかだ。

この記事は有料記事です。

残り1117文字(全文1378文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. ネパール隊がK2の冬季登頂に初成功 世界第2の高峰

  5. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです