緊急避妊薬市販化 田村厚労相「検討する」 解禁時期は明言せず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
田村憲久厚生労働相=滝川大貴撮影
田村憲久厚生労働相=滝川大貴撮影

 田村憲久厚生労働相は9日の閣議後記者会見で、性交直後に服用すると高い確率で妊娠を防げる緊急避妊薬(アフターピル)の薬局での販売について「これまでの議論を踏まえ、しっかり検討していく」と述べた。解禁の時期については「期限を区切ってとは考えていない」と明言を避けた。

 緊急避妊薬の購入には医師の処方箋が必要。妊娠を望まない場合、性交後72時間以内にできるだけ早く服用する必要があるが、さまざまな…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集