メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ネット投稿9件とも「差別的」 2件を削除要請 川崎市差別審が16日答申

[PR]

記者会見で「日本一の(ヘイトスピーチに刑事罰を科す)条例ができたので、その条例に基づきインターネット上の被害から救済されることを期待している」と訴える崔江以子さん(手前)=川崎市役所で2020年10月9日、後藤由耶撮影

 川崎市の差別防止対策等審査会は9日、ヘイトスピーチを禁止する人権条例に基づいて諮問されたインターネット上の短文投稿9件について答申をまとめた。全て「差別的な内容」と判断し、今も閲覧できる2件について、短文投稿サイトへ市が削除要請することを求めた。16日に市長宛ての答申書を提出する。

 9件は川崎区の在日コリアン3世、崔江以子(チェカンイジャ)さん(47)を中傷する内容。市の担当者によると、答申は2件について「サイトの運営者に削除を要請することが適当」とし、既にネットで閲覧できない7件についても「差別的」と認めた。一方、該当する投稿の公表については、模倣や2次被害を防ぐため、氏名や具体的な表現は避けて市のホームページなどに載せることも決まった。

 元東京高裁長官で審査会会長の吉戒(よしかい)修一弁護士は会合後、「『表現の自由』に抵触しないよう慎重に判断した」と述べた。

川崎市内のマイノリティー住民に対するネット上のヘイト投稿について審議する差別防止対策等審査会=川崎市役所で2020年10月9日、後藤由耶撮影

 市側から答申について説明を受けた崔さんらは市内で記者会見。代理人の師岡康子弁護士は「5月から300件余りの被害を市に申し立て、9件の認定では遅すぎて救済にならない。制度的な問題がある」と指摘した。崔さんは「残念ながら条例の運用が被害に追いついていない。市が救済の姿勢を示すことで被害者が声を上げられるようにしてほしい」と話した。

 市はこの日、新たに崔さんを中傷する5件の投稿を審査会に諮問。残りの約300件は諮問しないという。これに対し、師岡弁護士は「弁護団で差別的と判断して申し立てたもので、審査会にもかけられず職員が判断するのはおかしい」と反発している。

 市の人権条例は、ヘイトスピーチのデモを繰り返した者に刑事罰の適用を規定しているほか、ネット上の差別表現についても拡散防止の措置を取ると明記している。【市村一夫】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 伊藤健太郎“ほぼ裸”のポスタービジュアル掲載に照れ「ぜひ、やめていただきたい!」

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 手術7分「まるで重症患者…」 死亡男児の父の思いは 東京女子医大事故

  4. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  5. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです