台風14号「長時間の雨に注意を」 10~11日に東日本接近の恐れ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
台風14号の進路予想(2020年10月9日午後6時現在)
台風14号の進路予想(2020年10月9日午後6時現在)

 強い台風14号は9日午後5時現在、四国の南の海上を北北東に進んでいる。10~11日に東日本に接近する恐れがあり、気象庁は「進む速度が遅く雨が長く降りやすい。トータルで降水量が増える可能性がある」と注意を呼びかけている。

 気象庁によると、中心気圧は970ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は秒速35メートル。中心から半径165キロ以内では25メートル以上の暴風が吹いている。予想進路は当初の見込みよりも南寄りへ移り、上陸の可能性は低くなったが、沿岸部…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文563文字)

あわせて読みたい

ニュース特集