上半期の外国人新規入国344万人 前年比77%減 4~6月は99.9%減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
閑散とする国際線出発ロビー=関西国際空港で2020年4月25日午前10時24分、小出洋平撮影
閑散とする国際線出発ロビー=関西国際空港で2020年4月25日午前10時24分、小出洋平撮影

 出入国在留管理庁は9日、今年上半期(1~6月)に日本へ新規入国した外国人は344万6986人で、前年の同じ時期と比べて77%、1153万8184人減少したと発表した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、政府が水際対策を強化した2月以降、減少に転じた。4~6月は3カ月連続で前年同月比99・9%の大…

この記事は有料記事です。

残り227文字(全文377文字)

あわせて読みたい

注目の特集