メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「コロナ世代と呼ばれる?」 病院実習相次ぎ中止、悩める看護学生たち

地元劇団の俳優が演じる患者とオンラインで対話する看護学生たち=修文大提供

 新型コロナウイルスの感染が収束しない中で、看護学生が苦境に立たされている。最も重要な教育プログラムである病院実習が、感染拡大防止のために4月以降、相次いで中止されたためだ。それでも次年度への計画変更ができない最終学年の学生は、来春から医療現場に立たざるを得ない。「コロナ世代の看護師は……」。そんなレッテルを貼られはしないか。学生たちの間に不安が広がる中、経験不足を少しでも補おうと試行錯誤する看護教育の現場を取材した。【生野由佳/統合デジタル取材センター】

 <ゆとり世代は……と言われたように、私たちはコロナ世代の看護師って言われるのかなあ……><コロナ世代は使えないね、ってなるよね>

 コロナ禍に入り、看護学生を名乗るツイッターのアカウントから不安を訴える書き込みが相次いでいる。「ゆとり世代」とは、学習指導要領の改定によって授業時間が削減された時期に教育を受けた1987~2003年度生まれの世代を指す。多くの場合、本人たちの本来の能力や個性と無関係に、「競争心が乏しい」などの否定的レッテルを貼る言葉として使われてきた。

 文部科学省などはコロナ禍を理由に、病院や介護施設などで行う「臨地…

この記事は有料記事です。

残り3000文字(全文3498文字)

生野由佳

兵庫県出身。2003年入社。福島支局、阪神支局、大阪社会部、2度目の阪神支局を経て2020年4月より統合デジタル取材センター。JR福知山線脱線事故や阪神大震災を中心に取材してきました。被害者支援や障害福祉分野に関心があります。趣味は銭湯巡り。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  2. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  3. 「嵐フェス2020」収録中の花火で神宮球場の試合中断 ジャニーズおわび

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです