メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo 台風19号上陸1年 福島・長野の被災地 巡る季節、遠い日常

東日本大震災の際に建設された仮設住宅で、愛犬を散歩させる大沼五木さん(左)と妻大沼祐子さん。入居者は少なく、雑草も背を伸ばしていた=福島県本宮市で2020年10月4日、小川昌宏撮影

 2019年10月に東日本各地を襲った台風19号の上陸から12日で1年。総務省消防庁のまとめ(4月10日現在)によると、全国で災害関連死を含む死者104人、行方不明者3人、10万1673棟の住宅に被害を出した。

 市街地が浸水した福島県本宮市。軒を連ねるプレハブ仮設住宅の前で、愛犬2頭を散歩させながら大沼祐子さん(55)と、夫の五木(いつき)さん(55)がつぶやいた。「ずいぶん人が少なくなりましたよ」。被災した市民ら最大78世帯が入居していたが、現在住むのは7世帯11人。大沼さん夫妻の仮設暮らしはもう11カ月になる。

 この仮設住宅は9年前、東京電力福島第1原発事故の避難者のために福島県が137戸分を建設した。台風襲来時に住んでいたのは6人。役割を終え、19年度中に大半が撤去される予定だった。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1306文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです