メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

サリオス、1800も守備範囲 (日曜競馬)

 馬連配当は

 3けた…………4回

 1000円台…1回

 2000円台…1回

 3000円台…1回

 7000円台…1回

 万馬券…………2回

 フルゲート18頭で行われたことはないが、16頭と15頭の多頭数で争われた年に1万2640円、2万7780円の万馬券が飛び出している。しかし、3けた配当で堅く決まった年も4回あり、荒れるか堅いかの見極めが肝心なレースとなっている。ちなみに、今年は少頭数の11頭立て。大荒れは望み薄、本命党の出番か。

 一方、3着に9、5、9、5、5、7、11、4、6、3番人気が入線した3連単配当は、31万円台、5660円、32万円台、5万円台、38万円台、2万円台、6万円台、2万円台、1万円台、1000円。昨年は人気通りの1、2、3番人気でゴールして、レース史上最も低い配当で決着したが、30万円台の高配当が3回も飛び出す大荒れ。こちらは波乱含みの傾向を見せている。

この記事は有料記事です。

残り1260文字(全文1652文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです