メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国高校駅伝

道大会開会式 練習の成果、存分に 北見緑陵・浦田主将宣誓 /北海道

選手宣誓する北見緑陵の浦田陽聖選手=北海道北見市で2020年10月9日、三沢邦彦撮影

[PR]

 男子第73回・女子第36回道高校駅伝競走大会(道高体連、道陸協、道教委主催、毎日新聞社など後援)の開会式が9日、北見市の端野町公民館で開かれた。今年の大会は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、無観客で行われる。

 大会は女子が5区間(21・0975キロ)、男子は7区間(42・195キロ)。出場は女子が合同2チームを含む19チーム(25校)、男子は合同4チームを含む38チーム(49校)。

 開会式も感染防止で各校の監督、主将のみが出席。選手宣誓した北見緑陵の浦田陽聖主将(3年)は「今大会を運営していただく皆様に感謝し、今までの練習の成果を発揮したい」と力を込めた。

 男女優勝校は、12月20日に京都市で開催予定の男子第71回・女子第32回全国高校駅伝大会(毎日新聞社など主催)に道代表として出場する。【三沢邦彦】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

  2. グミ状の合成麻薬MDMA密輸した疑い 英国人容疑者逮捕 埼玉県警

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 注目裁判・話題の会見 「なぜカネを受け取ったのか」 河井案里議員公判で地方議員らが語ったことは

  5. 菅首相「鉛」でいい 金メッキははげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです