メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブラックホール解明でノーベル物理学賞 研究後押し「励みに」 水沢観測所の本間所長祝福 /岩手

電波望遠鏡とブラックホールのパネルの前に立つ国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長=岩手県奥州市水沢星ケ丘町で

 2020年のノーベル物理学賞は、ブラックホールの研究者が受賞した。19年に世界で初めてブラックホールの影を撮影した国際研究チームの一員である、国立天文台水沢VLBI(超長基線電波干渉計)観測所の本間希樹所長(49)は「ブラックホールがSFの夢物語ではなく、物理の重要な分野であると認められたことが非常にうれしく、励みになる」と歓迎した。【山田豊】

 本間所長は、世界初のブラックホール撮影チームで、日本の研究者代表を務めた。3人の受賞者について「ブラックホール撮影のきっかけを作ってくれた」と感謝する。

この記事は有料記事です。

残り564文字(全文815文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  2. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  3. 福岡市が介護・医療従事者に無料PCR検査 拡大防止狙い 年度中1人3回まで

  4. “炭治郎の師匠”が交通安全呼び掛け 岡山西署 鬼滅声優・大塚芳忠さんが協力

  5. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです