メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

板橋Cityマラソン 「コロナ禍でも走る機会を」 オンラインで3週間開催 /東京

 板橋区が来年3月21日に開催予定の「板橋Cityマラソン」をオンライン上で開くことにした。今年3月に予定されていた同マラソンは、新型コロナウイルスのため中止になり、参加者からは残念がる声が上がっていた。主催の区などが「コロナ禍の中でも走る機会を提供したい」と感染の危険がないオンラインでの開催に踏み切った。

 開催期間は3月1~21日までの3週間。この間に参加者がそれぞれ好きな場所で累計42.195キロ以上を走ると完走と見なす。参加者にはGPS(全地球測位システム)を利用するスマートフォンアプリ「TATTA」をダウンロードしてもらい、期間中は何回に分けて走ってもアプリが通算の距離と時間を計測してくれる仕組みという。

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文618文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです